節約をしながらの生活で、特に洋服、レジャーにお金が使えない

夫のお給料で家族4人で生活をしていて、子どもを産んで専業主婦になってからずっと困っています。

その日の食費がないというぐらい貧しいわけではないですが、毎月の家計をやりくりして黒字にしようと思ったら大変です。

夫のお給料は手取り22万(財形貯蓄3万円別にあり)でボーナスも年2回ありますが、月々の手取りが少なすぎると感じています。

その中でのやりくりなのですが、まず優先されるのが固定費でローン、光熱水費、保険、携帯代、子どもの幼稚園代などです。

そういったものに困ることはなく生活できていますが、そのほかの項目での支出を節約することになります。

食費に関してはあまり節約をしてはいけないなと思いつつも牛肉はほぼ買いませんし、野菜なども高いと別の物にしようかななど考えたりしています。

子どもがまだ小さいので食費に関しては何とかいけていますが、今後のことを考えると恐ろしいです。

また特にお金をかけたいなと思うのにかけられないのが、子どもと私の洋服とレジャーです。

洋服に関してはお金をかけたくないけど小奇麗にしていたいということで、安い物を買うというよりはリサイクルショップなどを利用して中古の美品を手に入れたりオークションで購入したりして、家計を浮かしています。

ファストファッションを新品で買うよりも安い金額でそろえていて、ブランド服なども中古で買っていますが、たまに虚しくなります。

子どもに好きな店舗で新品を購入して着せたいなと思いますし、私も新品でもっとたくさん購入したい、夫もいつも同じような服を着ているので身なりをさっぱりときれいにしたいと思います。

またレジャーに関してもお金が問題になります。外食をするのもお金がかかるのでほぼ行きませんし、外食をする時には旦那や私の実家におごってもらいます。

まだ、キャッシングなどでお金を借り入れしていないだけましなのかな、、、って感じです。

旅行などもほぼ行けていませんし、本当ならば子どもともっとお出かけをして楽しい思い出をと思うのですが、何をするにもお金がかかるので、近場でお金がかからないところでなど考えてしまいます。

そんな風に最低限の生活はできているけれども、プラスアルファで楽しむための余裕がないという現状なのです。

たまに自分がすごく貧乏でみじめなように感じることはありますが、主婦でいる私が稼ぐことで余裕ができると思い、自宅で内職をしてみたり、子どもがある程度成長したら仕事をしようと考えたりして、今だけ、今だけと自分い言い聞かせて我慢の日々を送っています。

お小遣い0円の私

専業主婦歴5年です。結婚が決まった時に仕事を辞め専業主婦の道を選びました。共働きだと夫婦の時間がもてない、すれ違いになる、主人の希望でもあったので後悔はしていません。

ですが、やはり困るのがお金問題。

主人の給料だけに頼る事になるので決して楽ではありません。毎月固定費の支払いを済ませると残るのはわずか。そこから食費と主人のお小遣いを算出しなければなりません。当然私はお小遣い0です。

ですが現状主人の突然の飲み会、接待が発生すると家計は一気に苦しくなります。ただそういう時は主人に相談はしやすいですが、1番困るのが私自身の出費。細かく言うと化粧品代やママ友との交際費です。

化粧品と言うのは男性が思っているよりも値段が高額な為正直「買いたい」とは言いにくいのが本心です。ママ友との交際費も、働いてる主人にランチに行くとは言えません。

なので、私はママ友とのランチに行く時は自分のへそくりから捻出していて主人にはお弁当持ち寄りで行くと嘘をつきます。ママ友にお金がないだなんて恥ずかしくて言えません。なので当然見栄を張ってどんな金額でも基本的には参加しています。

ただし、私のへそくりはわずかな金額なので当然長くはもちません。なので家計を任されてるのをいいことに主人にクレジットカードの請求金額を上乗せして伝え差額をへそくりに充てる、そんな生活をかれこれ数年続けています。ただし数千単位。あまり多く言うとバレてしまうので悪魔でも少額です。

脱毛に行く費用は、主人に行けと言われて行っているので、もちろん家計から出しています。

※脱毛は横須賀市まで通ってますっています⇒脱毛横須賀市

家族にかかる洋服代、学資保険代などは私個人の支出ではないので足りない時は正直に伝えます。なので、私の場合化粧品代やママ友との交際費は自腹でやりくりしています。

食費も足りない時が多々あります。

まず節約するのは外食費。毎月2、3回しているのをやめ自宅で食べるようにします。日頃から食費はかなり切り詰めているのを主人はしっているので食費に関しては足りない時は正直に足りないと伝え主人のお小遣いを減らし食費の足しにします。

ただ急な出費には本当に困ります。冠婚葬祭費などは現状捻出できないのでカードを使う様にしています。

基本的にはカードは使いたくない考えですが、現金だけでは足りない時はカードを使います。ただ悪魔でもひとつのカードです。

複数カードを使うときちんと把握がしきれずカードローン地獄になるので使用するカードは1枚と決めやりくりしています。カードを使った次の次は、いつもより遊びに行くのを控え支払いに充てたりしてやりくりをするようにしています。